オニ





元祖






(五味太郎さんの絵より)

経て、経て、経たから



あなたの歴史が

つまってる。




さて、行きましょうか、



まるまるとした森へ




刺繍のバトン



私が途中まで、

続きをshippona店主さまが。

見れば見るほど

いとおしすぎる…


髪の毛は

どうなっていますのか…




わたしだけだと消えいりそうだったよ




お花が味方についてくれた



みちみち、



たのしいしごとを

させてもらっています




もろもろ、



足りないみたいです


きみの気になることは




これは何になるの?

っていうことなんだなぁ

あいまいな場所で




「めったにない」を

抱きかかえる。



ゆっくり思い出してみると、




そういえば


昨日のごはん


すっごく、「ガツガツ」食べたなぁ